『江戸学と現代社会』を刊行しました!

野の花出版社第2弾として、東海大学文理共通科目-知識とコミュニケーションで教えている「江戸学と現代社会」のテキストが刊行開始となりました!ただいまAmazonで購入できます。

「江戸学と現代社会」は戦国時代から江戸時代を大転換の時代と捉え、さらにその後、元禄時代までの約100年の変化を「かぶき者」を中心に検討したものです。この約100年+αが、社会構造はもちろん、精神構造や慣習の面でも現代まで大きな影響を与えたと考え、その意義について考えたものです。興味のある方はぜひご購入ください。税込990円です。

表紙のイラストは上の娘に書いてもらいました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA